MELODY4月号『真夜中ポスト』

のんきに構えていたらMELODY4月号の発売日がすぐ目の前に来てましたが、ええと、発売です。
読切の『真夜中ポスト』を掲載していただきます。
実に11年ぶりの商業誌です。久しぶりすぎて緊張するっつの。

今回は暴れん坊のお姫様やらヘタレ精霊やらが右往左往する異世界の話ではなく、現代が舞台でOLさんが主人公の短編です。雰囲気はデビュー当時の作品に近いかなーと思います。
デビュー後すぐの作品が単行本に収録されてないせいか、あるいは単に絵が稚拙すぎたせいか(アイタター…)、なんか「姫君」でデビューと思われがちだったりするんですが、デビュー作は現代ものだし、そこから姫君の1作目まで3年ほどかかってるんですな。そんなデビュー作でいきなり連載をとるような才能があったら苦労はないんだぜ。

デビュー作といえばこの度、11年ぶりのMELODYで担当について下さった編集さんは、デビューの時の担当さんです。
私はいわゆる「ハズレの担当さん」(…まあ、人間的にどうなのって人もいないことはないんでしょうが、大抵の場合、相性の悪い担当さんのことですよね)にはまだ当たったことがない強運の持ち主ですが、そんな中でも最初に見ていただいたこの担当さんが大好きだったので、もうね、また一緒にお仕事できるってだけでヒャッハー♪な気分でした。

とまあ、そんなわけで。
読んでいただけたら嬉しいです。
単行本になるまで読まない派の方もいるでしょうが、このご時世、単行本になる保証が全然ありません。現に、デビューから数作は収録されないまま宙に消えゆきました。大きな声では言えませんが、立ち読みでいいから読んで〜。

さらに欲張ると、感想を聞かせていただけたら嬉しいです。
当方チキンハートにつきエゴサはできませんのですよ!
たまに某巨大掲示板まで自分の評判を見に行くマンガ家さんがいると聞きますが、そんな強心臓があったらとっくにもっと大物になってるんだぜ。