ネコ、初めての救急病院

金曜日の夜、帰宅した相方が遅めの夕食をとろうと食卓につき、その横にある猫ベッドに収まってる福助を見て「なんか口が開いてて変じゃない?」と言い出しました。

え、そう?と慌てて様子を見たら確かに目も虚ろで呼吸が荒く、耳を触るととても熱い。
これはなんか、とてもまずい、ような。
かかりつけの動物病院はもう終わってるけど診てもらえないかな…と電話してみましたがやっぱり留守電。仕方がない。
確か夜間救急病院があったはず…とHPを探したところ21:30からやっているとのことで、今すぐ診てもらいたいのにまだ1時間あるのか…とじりじりしながら待ってから、電話でざっと状態を説明して指示を仰ぐと、口呼吸しているのならすぐ連れてくるようにと言われ、タクシーを呼んで病院に向かいました。

京都に以前からある夜間救急の動物病院は久御山の京都夜間動物診療所で、我が家のかかりつけの動物病院はそこと提携しているのですが、車を持っていない身には自宅から久御山はいかにも遠く、夜間救急が必要な事態になったら大変だなあと思っていました。でも幸い、一昨年できた南区十条の京都市動物愛護センターの中に京都市獣医師会による京都夜間動物救急センターができまして、そこならタクシーで30分もかかりません。

キャリーに入れるときに例によって手間取ったので(ぐったりしてるくせに、入り口に足を突っ張って抵抗するのはやめていただきたい〜)興奮してしまい、行きのタクシーの中にはキャリーの中の福助のハッハッハッハッという荒い呼吸が響いています。でも鳴きたてて抗議することはなく、それだけに辛そうな気配が伝わってきて泣きたくなりました。
神様、こないだ申し込んだGLAYのチケット抽選は外れてもいいです。
この先、私の望みが全部叶わなくてもいいから福助をたすけて。

センターに着いたらすぐ中に入れてもらい(動物の脱走防止なのか、受付カウンターで操作しないとドアは内側からも開かないようになってます)、呼吸が荒いからICUで(ICU!)酸素をとらせますと、ふくは奥の処置室へ。
私と相方は待合室で問診票を記入。ふくは先々週、血液検査をしてもらったばかりなので、その結果と一緒に提出しました。

センターは新しくとてもきれいで、他の患畜さんは誰もいなくて広い待合室に私と相方だけ。
昼過ぎに洗濯物を干してた時は、いつものように私に纏わり付いていたんだよね…夕方、紙ゴミをまとめたときも側でうろうろしてたし…でもそういえばご飯の催促が全然なかったかも…などとぽつぽつ話しながら座って待っていると、診察室に呼ばれてお医者さんの問診を受けました。

我が家の猫三匹はご多聞に洩れず病院大キライ族ですが、派閥がちょっと違いまして、ピータンは逃げたい一心で私によじ登る派、ニナは恐怖のあまり診察台で固まる派、ふくはお医者さんから私達から椅子だのライトだのに至るまで目に入るものすべてを威嚇する派です。体が大きくキバも爪もでかいので、鼻を真っ赤にしてシャーーーッと威嚇する様子はなかなかの大迫力。
実際、かかりつけの先生は触診ができず、この子の血液検査はぐったりするほど悪くならないとできませんと言われて、わざわざ他の病院で血液検査してもらったくらいです。
そんなわけなので、さぞ暴れたろうと真っ先に謝ったところ、先生から、いや、軽く威嚇したくらいですよと言われて蒼くなる私達。
ふくうううう、そんなに具合が悪いなんてえええ。

気を取り直して経緯や今までの病歴(っても、アレルギーくらいですが)を説明し、お医者さんからはレントゲンや血液検査の結果からはこれが原因というものは見当たらないと説明を受け、熱中症の可能性が高いと言われました。

ね、熱中症?
私が超暑がりのために、我が家のエアコン設定温度はエコロジー関係者は家に呼べないというくらい低く、ピータンやニナはエアコンのない部屋に避難するくらいなんですが、それでもなるもんなんですか??
思い当たる節といえば福助のふっさふさの毛並みと、愛用のベッドがふっかふかに暖かいことと、そのベッドがカーテンを締め切ってるとはいえ西向きの窓の側に置いてあることです。そういえば今日はエアコンつけててもちょっと暑いなとぼんやり思ってたのでした。8月に突入しようという京都の猛暑は、冷房ごときで退けられるものではなかったのですね。
ごめんよ、ふく。とりあえず、あのベッドは撤収ね。

今、前足から点滴をしてて、それが終わったら、背中からも点滴をするので待つようにと言われ、1時間ほど待合室でぼんやりしました。
自分の用で病院に行ってる時は、待合室でTwitterをしたりまとめサイトを見たりとずっとスマホをいじってるのですが、心配でそんな気にもなれません。てか結局、自分の病気はそんなに心配してないんですね。相方がインフルエンザで瘧のようにガタガタ震えた時だってこれほど不安じゃなかったよなあ。
我が家の猫はアレルギーだったり、腰をいわしたり、腎不全で検査の数値が良くなかったりと、それなりに病院のお世話にはなっているのですが、具合が悪くてぐったりという事態はほとんど初めてです。
経験値が低いからこんなにおたおたするのかもな。ふくもニナもいい歳だし、これからこういうことはちょくちょくあるかもなあ。看取るとこまでやって、やっと一人前の飼い主なのかもなあ…。

そんな風にぼんやりしてる間に、待合室はつぎつぎに来る患者さんで埋まってきました。
わんちゃんが多いな。具合悪いんだよね、おとなしいな…なんて、隣に座ったミニチュアダックスちゃんと目を合わせていたら、奥の処置室から絶叫が。
まさに断末魔の叫び。響き渡る阿鼻叫喚。
この声は、ふ、ふく……。
待合室の飼い主さん達から失笑が漏れるほどの叫び声で、他の患畜さん達には恐怖のどん底に突き落としてごめんねとしか言いようがないのですが、ふくの絶叫は動物病院に行く度に聞かされるので(ワクチン注射だっちゅーの、生きたまま皮を剥いでるわけじゃないっちゅーの)、ああこんな声が出るようになったんだ…と光が射す思いです。

しばらくしたらまた診察室に呼ばれ、先生から、点滴を打ったら元気になってきましたねと苦笑まじりにキャリーに入ったふくを渡されました。
してもらった処置の説明と、一見するとわからないけど可能性のある病気についても説明を受け、明日になってもまだ具合が悪そうならかかりつけ医に連れて行くようにと、カルテやレントゲンのデータをもらって診察室を辞しました。

キャリーを覗き込むとふくと目が合い、しゃーっ。
ああ、良かった。ちょっとしゃっきりしてきた。

会計をした時も、看護士さんから「普段はおとなしいんですか?」と笑顔で聞かれて「すみません、病院が怖くて…」と恐縮しながら答えました。
夜間救急なので会計はそれなりにしましたが、元気になるなら十倍が百倍でも怯むものではありません。
ラストに興奮したのが悪かったのか、帰りのタクシーの中でもふくは呼吸が荒くて、家に帰り着いたら例の猫ベッドに倒れこんでうつらうつら始めました。そのベッド、片付けようと思ったのになあ。ううむ。

その夜、ふくはなかなか熟睡できないようで、寝苦しそうに家の中を転々として眠れる場所を探していました。
人間の方も疲れ切ってくたくたでしたが、そんな様子が心配で寝る気になれません。
何も手につかないないままPCを起動したら、GLAYのチケットの当選メールが入ってました。
神様っ! ちゃんと聞いてた?!
チケットなんかいらないから福助をなんとかして下さい〜〜〜!

結局、翌日の昼過ぎにまた熱が上がって、かかりつけ医で再びICUに入れてもらって酸素をとりまくったところ、やっと目に力が戻ってきまして、帰宅後は水を飲むようになり、ごはんを食べるようになり、爪研ぎをするようになって、毛繕いをするようになって……昨日の夕方はついにヘソ天寝の姿を見せてくれました。感動。
ヘソ天でこんなに嬉しい気持ちになろうとは。

まだ少々ぼんやりしてるようですし、食欲も元のレベルまではまだまだですが、ゆっくりと回復しています。
京都市の夜間救急動物センターは実に頼りになるところでした。こういう場所があるのは本当に安心です。お世話になりました。

4 comments

  1. まうるー says:

    無事に回復したのですね。一安心❤️
    うちも先週急患で、閉まってるかかりつけ獣医さんに急遽診てもらったので、他人事ではありません。(うちのは熱中症ではなかったのですが)
    獣医さんと雑談してて猫の熱中症の話題が出たので、ついでにエアコンが効いていても発症するのか聞いてみたところ、猫は日向が好きなのでわざわざ窓辺に行って陽にあたってしまうことで、発症してしまう場合があるとか。高齢になってくると暑さを感じにくくなっていて、暑くても陽にあたり続けてしまったり(人間の高齢者と同じですね)。夏は要注意ですね

    • sakuno says:

      今はもう腹たつくらい元気になりました〜。お騒がせしましたm(_ _)m
      まうるーさんの猫ちゃんは大丈夫ですか?
      うちのリビングは西南向きで、日差しが強い日の夕方はハードに暑くなったりする、そんな部屋の一番暑い場所で寝こけて熱中症って、年齢なのかライトなオツムのせいなのか判断に悩むところですが、あれ以来、猫が前後不覚で寝ていると暑くないかいちいち確認するようになりました。ほんと夏の間は気が抜けませぬ〜。

  2. ゆき says:

    猫の熱中症!初めて聞きました。
    ゴージャスな毛皮(?)が仇になるのでしょうか?
    何にせよ回復のご様子に安堵いたしました(*^_^*)
    夏本番です。猫ちゃんのみならず先生もご自愛くださいませ。

    • sakuno says:

      ありがとうございます!
      冷房かけてることで慢心してました〜(>_<) 今日も暑いですね。お互い気をつけて夏を乗り切りましょう〜!

sakuno にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。